ss401t390904’s diary

偏屈頑固オヤジの戯言

音楽の力。

 

 

 

 

お土産を貰った。6本のパックを1つ。

全部違うラベルなんで分けて撮影したが、画像はこれしか上げられなかった。

他にも数枚掲載しようと撮影したものがあるが、できない。

理由? そんなの知らんよ。 何やってもできないんだから。

オレは電子機器が大の苦手なんだよ。

物凄く苛ついて、今日ブログ書くのやめるつもりだった。

 

気持ちを変えたのは、追加購入したイヤホン。

その画像もあるんだが…。貼れない! 

まぁ、今日は諦める。折角書く気になったんだ。

 

 

トラックのキャビンで仮眠する時は、必ずイヤホンを使う。

ノイズを遮断し、心地良い音楽聴く事で眠気を誘う。

 

ご存知だと思うが、高速道路の SA や PA で駐車しているトラック。

その殆どはエンジンを回転させたままだ。

オレだって暑さに耐えられなくてエアコン作動させてた夜もある。

他にも冷凍車系は冷却用のコンプレッサを別で作動させている。

これ等が、煩いんだよ。自分のトラック含めて。(エンジンの振動も嫌)

そうでなくても熟睡できないオレにとって、これは虐めレベルだ。

休息で駐車する際は色々考えて停めるんだが、それでもね。

煩いものは、煩い!

* 社長曰く「浪人さん、神経質だからなぁ (笑)」だそうだ。

 

イヤホンを使用する事で、ノイズは相当抑えられる。

今では必需品の1アイテムだ。

 

 

今回購入したのは、audio-technica というブランド。

車のオーディオにも拘った過去があるから、よく知るメーカー。

ラインナップは、それこそピンからキリまで。

入手したのは1万もしない物だがね。

本当は BOSE 製が欲しいが、3万もする商品は買えない。

それに…耳鳴りを含む難聴になってしまったオレには、身分不相応。

1万以下でも充分だ。

 

ブログ書くのを諦めて、不貞腐れてた30分前。

イヤホン使ってスマホに入ってる音楽聴こうと、布団に寝転がった。

たまたま再生途中だった麻衣子さんをそのまま聴いた。

 

目の前に麻衣子さんが居る。

オレを見つめている。

声を発する時の息が届く。

 

 

…と思うくらい、声が鮮明でね。

いや、今まで使ってたのも粗悪品じゃないんだが。5千円位したよ。

 

この驚きが、ブログ書こうと思ったきっかけだ。

 

聴いたのは先日紹介した楽曲。

これね。 ↓

 


www.youtube.com

 

 

「麻衣子さんが、目の前に居る」そう感じた瞬間。

オレやっぱり壊れたと思ったよ。

世間でも一部問題になってるワクチンの副作用なのか?とも。

 

だがね、そうじゃないんだ。

音楽が持っている力ってのは、人間の免疫力すら上げる。

根拠?そんなものは、ない。これは自らの体験だ。

「生きよう」と冷静に考えられるようにもなる。

オレは麻衣子さん好き(楽曲が)だから、麻衣子さんばかり話す。

好きな楽曲だったら何でも良いと思うよ。

自分の力へと変換できるのなら、それが自分に合ってる。

 

麻衣子さんの楽曲は、女性の背中を押してる内容が多い。

コメントでも「勇気もらった」「励まされた」を、よく見かける。

オレ…おっさん(かなりの)だけど、彼女の思いは届く。

色んな “錯覚” を感じるくらいに。

 

 


www.youtube.com

 

 

麻衣子さんを代表する楽曲。

こちらは、オリジナルより説得力がある。

 

 

そういや、オレが唯一行った麻衣子さんのライヴ。

前から2列目で、3メートル先に麻衣子さん。

この楽曲を披露してくれた時は、本当に息が届いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月日。

 

 

パソコンへの画像取り込みが、かなり面倒になった。

以前は gmail で画像を貼り付け下書き保存したものをダウンロードしてた。

それがまったくできなくなった。原因は判らない。

Google のセキュリティが強化されてからだ。

それが理由かもしれない。

仕方ないから、スマホをパソコンに有線接続して画像を取り込んでいる。

 

 

 

 

例の D51 1149 号機。

完全に姿を消した。

撮影していた時に、その場で片付け作業していた人に尋ねてみた。

9月18日に移動させたそうだ。

今後は穏やかな日々が新天地で過ごせる事を願っている。

 

 

去年の今頃…。

同じ10月1日で言えば、大型トラックの免許取得を終えた頃。

免許証発行は5日だが、2週間に及んだ教習を終えて安堵してた。

同時に社会復帰に向けて本格的に動き始めたのも、この時期。

1年が経過してみれば、今の会社で重宝される存在になってた。

 

勤続が25年になるドライバー。

先日話した農業をやりながら仕事してる人ね。

その人物に言われた。「ここ数年で “大当たり” の逸材」だって。

入社して1年経過していないこのオレが。(笑)

別に己惚れる訳でも自慢する訳でもないが、それなりの働きはしてる。

他の(他社)ドライバーを見てると、確かにそう思う。

勿論、真面目で丁寧な人も沢山みえる。

そうじゃない連中は、その何倍もいるんだが。

 

 

仕事してるんだから、色々あるよ。

精神的に落ち込む時もあるし、体力を消耗してキツイ時もある。

トラックのキャビンで仮眠しても疲労はとれないし。

この夏は、あまりの暑さで幾夜も苦しめられたよ。

自分の計画通り運行できなくて、イラつく事もある。

一瞬の油断で、トラブルになりかけた事もある。

最近は余裕こそ意識して持たせているが、楽しさはないな。

 

スケジュールを先読みして、動くのは変わらず。

オレは「停まらなければならない」時間以外でトラックを止めない。

積み込みでも荷降ろしでも、いち早く現着する。

それで時間に余裕があったら休憩してる。

荷台の掃除したり、トラックの点検したりもする。

 

一昨日の事だ。

8時半必着の荷物を積んでいた。現着は6時前。

いつものようにエンジン停止させて、トラックの点検してた。

 

 

 

これはリアに装着していたタイヤ。

1本だけが古くて溝が少なかった。

オゾンクラックも多く、いつも気にして見ていた。

ご覧の通り、スチールベルトが断裂して露出している。

元々スタッドレスタイヤだが、その機能が摩耗で失われていたんで

所謂「履き潰し」をしてたんだ。

しかし、こんな状態で継続使用は不可能。

高速道路でバーストしなかった事に安堵した。

荷降ろしを終え、会社に連絡。

物置に用途不明の同じサイズの中古が1本あるのは覚えていた。

それと交換すると伝えた。社長はモゴモゴ言ってたが、問答無用。

バーストなんかさせたら、どれだけの人に迷惑かける事になるか…。

 

昨日積み込んだ荷物は、総重量2600kg。

最大積載量と同等レベル。当然過積載ではない。

タイヤのトラブルを知らずに積み込んでたら…と思うとゾッとする。

 

運行計画を約2時間縮めて帰社。それでも15時過ぎていた。

シャーシだけでも洗おうと、洗車開始。

結局洗いきれず(飛び込み仕事があった)今朝4時から洗った。

この時間は、まだ真っ暗でね。照明点けて片側ずつ方向変えて。

朝焼けが綺麗に見えるのは5時頃。少し肌寒いくらい。

季節の移り変わりを感じた。もう、10月だもんな。

 

最近は1週間の経過が早いと感じる。

オレ自身も誕生日を先日迎え、ますますオッサンになった。

あと20年。生きられればいい。

寝たきり状態や自分が解からない状態になってまで、

生き長らえるのなんか御免だ。

死んだら、そこら辺に散骨してくれりゃいい。

 

オレが考えてる事を実行に移すには、まだ早い。

だがね、準備できたら直ちに行動する。

残り10年位は穏やかに過ごしたい。

 

何かをしてもしなくても月日は流れる。

オレはそれを随分浪費した。途中で打ち切る事さえ考えた。

その分、今とこれから(未来とは言わない)を充実させる。

1年前の今日は勝利の余韻に浸ってた。

来年の今日は…何をしているだろう。

 

 

 

 

 


www.youtube.com

 

 

 

オレが各地で「差し入れ」を入手し、会社や取引先に配る話。

これを主治医にした。

「浪人さんは、そういう事によく気が回りますよねぇ。

運転手でそういう事する人は居ないんじゃないですか?」

わらび餅の話をしたら、自分が貰ったみたいに喜んでた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きてるよ。

生きてるし、健康上の問題もない。

ただ…ゆっくりブログ書いてる時間が無いだけ。

証拠写真として画像を添付したかったが、

スマホでは縮小する事ができない。

(デカい画像は貼りたくない)

まぁ…特筆すべきネタもないんだがね。

 

物申したい事なら、幾つかある。

それは機会があったら話そう。

 

とりあえず、生存報告。

部屋に居るから考える。

 

 

九州地方を中心に台風の悪影響が出ていると思います。

どうか、命を大切になさってください。

それが最優先で、最重要です。

 

オレの住む地域は、正に “嵐の前の静けさ” 。

これから明朝にかけてがピークになる。

 

 

 

 

 

まぁ…部屋に居る訳だから、新たな画像なんか無い。

これは5月1日の早朝。小樽港に上陸して直ぐの撮影。

錆が増えた事以外、現在と何も変化はないよ。

 

でだ。何を考えていたか?と言うと、この車の事。

先日塗装関連の修理をする話をした。

予算の関係でルーフ廻りだけ…の予定だった。

だが、オレはこの性格。どうにも気にいらん。

今回は見送るつもりだったステップ周りも修理しようと思う。

それに、何度も車を鈑金屋に預けるのは色々面白くない。

 

じゃあ、ドアは直さないのか?という意見もあろう。

ドアは車体から取り外せる。最悪交換すればいい。

車体…解かり易くボディと言おうか。

これは本来交換するものじゃない。厳密に言えば、切り離せるが。

ボディは車の骨格だ。これが存在できなければ車として成立しない。

だから直すんだよ。腐蝕をこれ以上進行させない為にも。

ドアにはアウターハンドルがそれぞれ付いている。

それも内側が錆びて垂れた跡がドア表面に残っている。

全部直す手間を考えると、ドアそのものを交換する方が安い。

 

オレは、この「みすぼらしい軽バン」が気に入ってる。

そりゃピカピカだったら、その方が良い。

エンジンだって、パワーがある方が良い。

ミッションは、マニュアルの方が良い。

…それを実現するには、車を変える事になる。

欲しい車を素直に買うよ。(笑)

 

この毒蜘蛛2号が唯一保有する車。今は、それ以上望んでいない。

この車は、オレと赤の他人を繋ぐ “接点” にもなってる。

それも大切なんだ。

修理が終わったら、毒蜘蛛2号周りのデカールを少し変更する。

これは先方と調整中なんで、今は話せない。

 

 

他に関係する画像を添付して、修理部分の説明しようと思った。

…思ったんだが、スマホの画像がまったく取り出せなくなった。

意味解からん。

とりあえずデータをマイクロ SD カードへ移さなければ。

USB ケーブルからでもダメだった。

大嫌いな電子機器と、また格闘だ。勘弁してくれ…。

 

 

 


www.youtube.com

 

 

 

さっき昼夜兼ねたご飯食べてた。

新しく買った米は、北の大地産 “ななつぼし” 。

「“ゆめぴりか” も美味いが、これはオレの好みに合ってる」

とか思いながら食ってた。麻衣子さん聴きながらさ。

この楽曲が耳に入ってきた途端、涙腺崩壊。

 

オレの感情には、人を愛する気持ちなんて残ってないはず。

だけどさ、麻衣子さんはいつも否定するんだよ。

『そんな事は、絶対ないよ』って…。

オレの部屋には、オレしか居ない。

だけど左隣に存在を感じる。肩に手を置き、優しい目でオレを見てる。

 

オレが重度に病んでいるのか、それ位楽曲に “想い” が込められているか。

そのどちらかだ。 聴いてくれれば、判ると思うよ。

オレが「重度に病んでる」と思ったら、面倒だが教えてください。

素直に病院行くから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

義理と人情。

 

 

 

 

先日会社内で情報共有してもらう為に撮影したもの。

今週はハードな運行多くて、他に撮影したのは燃費記録用画像だけだ。

 

 

さて、会社や仕事絡みの雑談していこう。

 

オレは…それなりの年齢である。もうすぐ誕生日だし。

残りの人生は20年あればいい。充分だ。

そんなオレは「骨董品的思考」らしい。あくまで推測だが。

昨日は当日運送による雑貨便をやった。これは傭車枠だ。

朝イチで荷降ろし終わらせて、積み地へ。

そこでパレットに積まれている雑貨を全部ラッピングする。

昨日は、余計な手間増やされて40枚近かった。何度も吐きそうになった。

それを「手作業」でトラックに積み込む。

(荷台の後ろから、フック使って移動させる方法)

この仕事…3度目だ。正直やりたくない。ホント倒れそうになる。

だが、仕事を選ぶような真似はしないのがオレのモットーだ。

やるよ!どんなキツイ仕事でも。傭車枠でも。

だがね、昨日は大型トラックが2台だったんだ。

いつもは大型トラック1台とオレの4トン。

パレット総数も当然多くて、計44枚。(いつもは26枚位)

 

まぁ…簡単に言えば、もう1台の運転手がナマクラだったって事。

更に言えば、ウチの会社の傭車だったって事。

オレは傭車と同行する時、ケツ持ちを必ずやる。

何処の会社のどんな運転手か判らない。

荷降ろしが無事終了して受領書貰うまでは一緒に行動する。

良くも悪くも、それが筋だと思っている。

今回それを知らされてなかったもんで、放置してやった。

体重がゆうに100㎏超えてる体格。

口調は生意気。話を最後まで聞かない。

「傭車」としての礼儀なんか微塵もない。

こんな運転手を庇い、礼を尽くす義理はオレにない。

態度と文句は3人前。仕事は半人前。お前、何様よ。

もう1人はウチの会社がお世話になっている所。

運転手は以前も同じ仕事で面倒みてもらった。

その人に迷惑かけたくないから、もう1人の面倒(最低限)みた。

ソイツのラッピングが劣悪で、全部やり直しになったんだ。

それなのにオレに「やり直して」だと!? 〇すぞ。

 

今朝、会社でその話をしたんだ。

こんな運転手だったってさ。そしたら社長が言った。

「ごめん!それ、ウチの傭車だ。浪人さんに伝えるの忘れてた」

おい…。まぁ、オレはいいけどさ。

 

そんな話をしていたら、配車係の人が言った。

「浪人さん、自分を基準にしたらダメだよ」ってさ。

社長も過去にあったとんでもないトラブルの話をしてくれた。

その上で「昨今は運転手不足で何処の会社も苦労してる。

訳分からないヤツや不真面目なヤツでも、雇わざるをえないんだよ」

オレが正常なのかどうかは知らない。

少なくとも𠮟責される事はしてない…つもり。

ただ、義理人情を大切にする考えが通用しない連中は確実に存在する。

 

その後、今回もお世話になった運転手に連絡した。

経緯を伝え、フォローしなかった事を詫びておいた。

この人は気持ち良い方でね。

2度目というのもあって、オレの仕事を覚えてくれていたんだ。

逆に労ってもらったよ。

 

先週、トラックを洗ってた時の話。

工具使って整備もしていたんだ。

ところがツールボックスの中がごちゃごちゃ。これ、いつもなんだよ。

オレは工具を大切にしない人間が嫌いだ。片付けできない人間も。

で、社長に言ったんだよ。毎回オレが片付けてるって。

『工具大事にしない人は嫌いです』と言おうとしたら

「すいません。それ僕です。これからきちんと片付けます」

こう白状したのは、何と社長だった。

事務の女性が話を聞いていてケラケラ笑った。

奥様は横で困り顔。配車係の人苦笑い。オレ言葉に詰まる。

いや、社長が購入した工具だろ?大切にしろよ。

 

深夜0時半出発の時だった。

定期便の運行を終えた他の運転手と車庫で一緒になった。

「この間お菓子ありがとうな」先日のプーさんの事ね。

そこで少し雑談して点呼に行こうとしたら呼び止められた。

「これ、貰ったからやる」と、お稲荷さんと蕎麦がセットの弁当。

コンビニ袋ごと頂いた。

この人の本業は農家。キャベツやスイカを貰ったことがある。

大規模な米生産をしている。オマケで畑作ってるんだ。

さて、頂いた弁当。食べようとしたら、袋にレシート入ってた。

貰い物じゃなかったんだ。

仮に残り物(食べなかった)でも、気遣いが嬉しかった。

 

別の日の昼前。

「〇〇の近くで片側通行やってるよ。気をつけて」

ウチの会社で最も勤務歴の長い運転手から電話。

途中ですれ違ったんだ。

普段電話する事なんで一切ない。

だが、こういう有益な情報はお互いに交換する。

 

他にも雑談はあるけど、長くなったから別の機会にしようか。

どうでもいい内容ばかりだがね。

オレさ…義理人情が絡む事は、よく覚えてるんだよ。

 

 

 

 

 


www.youtube.com

 

 

 

温かい人情も歌う人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一旦、帰宅。

 

 

「たまには、違う種類にするか…」と思って買った。 ↓

 

 

 

 

 

8個入りは、会社へ。オレの分は4個入り。

これさ、美味しい。

東京ばな奈シリーズみたいなんだが、ハチミツが絶妙。

口の中に余韻が残って何とも言えぬ満足感がある。

当然ながら通常の品物より高い。だが、その値段に納得。

Disney ブランドを語るだけあって、高いクオリティ。

 

 

 

先日のブログで「ムカついた」って書いたじゃん。

オレさ、決して寛大ではない。お人好しでもない。

相手に文句を言うのも嫌いだ。

だがね、今回はブツリとキレた。

昔から出入りしていた場所だったが、金輪際2度と行かない。

登録してあった電話番号も、さっき削除した。

1時間ほど前に用事があったから行ったが、これが最後。

「長い付き合いだから…」と、我慢していたんだ。

それは何の意味も価値もなかったよ。

人間は自分の事しか頭になくなると、こうも浅ましくなるのか…と思った。

具体的に書きたいが、単なる愚痴になるからやめよう。

 

 

最近の社長は、オレの性格読んでる。

混載は既に定番化した。荷降ろし時間が早いのも多い。

平均すれば、大体8時半が荷扱いできる通常の時間帯。

昨日は都内で6時。千葉県で8時。

実際には6時前、8時前には降ろし終えていた。

明らかに早い。ありがたい事に、先方も早いのを希望している。

願ったり叶ったりだ。

そこから一般道で茨城県へ移動。

積み込み終わらせ、圏央道、菖蒲 PA で10時間休んだ。

今朝降ろしたのは、6時過ぎだ。(笑)

そんな仕事ばっか選んでるのか?と思ってしまう。

オレは早く降ろして早く移動して、早く積み込むがモットー。

最近は休憩時間を操るようになった。

全部逆算して動く。30分たりとも無駄にしない。

で、休憩する時は存分に時間を使う。

社長はデジタコの履歴から、このパターンを把握したのだろう。

 

8時に帰社して積み込みへ向かおうとしたが、これはダメ。

昼イチらしいんで、一旦帰宅。

その前にトラックの荷台清掃して、バッテリ液補充もした。

中に水が溜まってしまう工具箱には、ドレン用の穴を開けた。

洗車しなくても、時間があれば何かやる。

社長以下事務所のメンバーは、もう驚きもしない。

「浪人さんが、またゴソゴソと何か始めた」位にしか思われてない。

オイル交換の距離が300キロ程超えていたんで、急ぎ交換依頼。

オレはダラダラと超えるのが嫌いなんだ。

憂いは極力省き、仕事はテキパキ片付け、部屋でのんびり過ごす。

今のオレが作ってるリズムだ。

最近…突然「スイッチ OFF 」状態になる時がある。

何もしたくなくなる。それが仕事中でも。

流石に運転は集中してるがね。

オレはさ、健常者じゃない。身体は健康だけど。

万一それが悪さをしたら、大きな問題になる。

それを避けるには、自分で ON OFF 切り替えなければならない。

帰宅したら、強制的にシャットダウンするんだ。

思考を休みモードにする。

こうやってブログ書く事で、脳内に貯まった履歴を消す。

処理能力が低く容量が小さいオレの脳ミソは、こうしないとバグる。

 

 

さて、会社へ戻ろう。

 

 


www.youtube.com

 

 

気合い入れるには、ちょうどいい楽曲。

ついついボリューム上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価値観の違い。

 

 

 

「修理代、もったいなくね?」

…と、最近の若者みたいな口調で社長(65歳)が言った。

 

来月の15日と29日の土曜日。

遅くとも15時には帰社できるスケジュールにして欲しいと頼んだ。

そこで毒蜘蛛2号を修理する話をしたんだ。

このまま放置すれば、確実に漏水してしまうと。

「他の車買えばいいじゃん (笑) 」← 軽~く言われた。

まぁ、一般的にはそう考えるのが妥当だろう。

(“一般的” という言葉は嫌いだが、他に表現方法ないから使った)

しかしオレが改めて買い直そうとしている車は、安くない。

その車を今住んでるボロアパートに停められない。(色んな意味で)

更に、買うには時期尚早。カネ貯まってないしね。

 

オレにとって毒蜘蛛2号は、周りの人が考えてる以上に価値がある。

「修理代にカネ使うなんて…」という概念も、根本的に他人と違う。

オレは “直してでも乗りたい” タイプなんだ。

直して正常な状態に戻っていくのが楽しい。

修理費用に余裕あるなら、間違いなく全部直してる。

無いから出来ないだけだ。

 

「価値の無い物にカネを使いすぎ!」

昔…そう言われたことがある。生涯忘れないな。

価値が無い⁉ 誰がそう決めたんだよ。

オレの物にオレが高い価値感を持って何が悪い。

自分の価値観を相手に押し付けるな。

…こういう考え方が、死ぬほど大嫌い!だ。

 

 

社長は自身の判断で、あの車をオレに譲渡した。

車すら持ってなかったオレには、本当にありがたかったよ。

今でも感謝してる。

だが、それが仇になった…と、今は思っているかもしれない。

「あんなボロ車を何万も出して修理するなんて…」ってね。

トラックの時とは違い、オレ個人の車だから強くは言わないと思う。

万一言われたら、1から説明するよ。オレはこういう主義なんだってさ。

 

海老名 SA に寄った時。珍しい地域へ荷物を運んだ時。

必ず “差し入れ” 買ってくる男だよ。オレは…。

「そんなムダ金使って…」という考えも、1つの価値観。

オレの価値観は絶対万人に受け入れられない。

別に構わないが、いちいち説明すんのが面倒くさい。

オレは自身の価値観を押し付けたりしないし、相手の価値観を否定しない。

だが、オレは自分の意思を変える気は毛頭ないな。

オレの価値観を否定されたら、相手そのものをオレが否定する。

 

 

ちょっとムカつく事あったから、口調がキツかったかもしんない。

 

 


www.youtube.com

 

 

 

カリオストロの城は、オレの中でジブリ映画 No1。

もう100回は観た。でも毎回感動する。

今回は小林清志氏を偲ぶ思いで観てた。