ss401t390904’s diary

偏屈頑固オヤジの戯言

昨日の続き。yesterday's continuation.

 

 

This blog also has an English translation.

I am using the translation function, but I am editing based on the text.

It's still hard to read, but if you are interested, please read it.

I think every time, but it is difficult to translate Japanese into English and express my feelings.

 

 

 

(画像は、総べてお借りしたものです)

  (The images are all borrowed)

 

f:id:ss401t390904:20210211091037j:plain

 

 

これは、沈没しているタイタニック号(とされる)船体に残されている船名。

“つらら” のように垂れ下がっている錆の向きから左舷側船首の撮影だろう。

ご覧のように TITANIC の文字が読み取れる。

This is the name of the ship left on the sunken Titanic hull.

It is probably a picture of the port side bow from the direction of the rust that hangs down like an icicle.

As you can see, the characters of TITANIC can be read.

 

f:id:ss401t390904:20210211092816j:plain

 

このように描かれている。

It is drawn like this.

 

 

昨日のブログでも「とされる」という表現を何度か使用している。

これにはオレ個人の見解があってね。

沈没しているのは…

タイタニック号ではなくて、同船に偽装されたオリンピック号ではないか?

と、考えているからだ。

Yesterday's blog also used the expression "It is said" several times.

This has my personal opinion.

What is sinking ...

Isn't it the disguised Olympic, not the Titanic?

Because I think this way.

 

この話は所謂都市伝説のようなもので、あり得ないと思われるのが普通だ。

実際、沈没している船体の “Cデッキ” にある客室の映像があれば解決する。

だが、その画像をオレは1度も見たことがない。

それ故疑惑を拭い去る事ができないまま、現在に至る。

This story is like an so-called urban legend, and it usually seems impossible.

In fact, a video of a cabin on the “C deck” of a sunken hull would solve the problem.

However, I have never seen the image.

Therefore, the suspicion cannot be wiped out, and it continues to the present.

 

 

主論から外れるが、少しタイタニック号とオリンピック号の違いを比較してみよう。

最も判りやすく、この船に興味がない人でも区別できる部分だ。

It's off the subject, but let's compare the differences between the Titanic and the Olympics.

It's the easiest part to understand, and even people who aren't interested in this ship can distinguish it.

 

 

タイタニック号。

Titanic.

 

f:id:ss401t390904:20210211092735j:plain

 

 

オリンピック号。

Olympic.

 

f:id:ss401t390904:20210211092758j:plain

 

 

もう一度タイタニック号の画像。

Image of the Titanic again.

 

f:id:ss401t390904:20210211093227j:plain

 

 

タイタニック号は、B デッキのプロムナードに波しぶきや風を防ぐ為の窓が取り付けられている。黄色の枠がそうだ。

The Titanic has a B-deck promenade with windows to prevent sprays and wind. That's the yellow frame.

 

青い枠は、船名が記されている部分。

The blue frame is the part where the ship name is written.

 

 

C デッキは両船とも見た目は変わらないが、内部は全然違う。

オリンピック号はプロムナード。タイタニック号はその部分に客室が設けられている。

The C deck looks the same on both ships, but the interior is completely different.

The Olympic is a promenade. The Titanic has guest rooms in that area.

 

 

f:id:ss401t390904:20210211102044j:plain


B デッキプロムナード。

どちらの船か特定できないが、オリンピック号だと思われる。

B-deck promenade.

I can't tell which ship it is, but I think it's the Olympic.

 

 

f:id:ss401t390904:20210211101329j:plain

 

C デッキのプロムナード。

窓枠の違いに留意してもらいたい。B デッキとは、明らかに形状が違う。

通路の幅も B デッキより狭い。← これ、覚えておいて。

先に紹介した両船の全体像も含めてご覧いただければ、より理解できる。

タイタニック号は、この部分に客室が設けられていた。

C-deck promenade.

Please note the difference in window frames. The shape is clearly different from the B-deck.

The width of the aisle is also narrower than the B-deck. ← Remember this.

You can understand it better if you look at the whole picture of both ships introduced earlier.

The Titanic had a guest room in this area.

 


 

f:id:ss401t390904:20210211101842j:plain

 

イメージ。

C デッキにプロムナードは無いのが判る。

B デッキの通路幅が C デッキより広いのは、ご覧の通り船体に段差があるから。

これの実写があれば、沈没船がどちらか特定できるんだが。

image.

You can see that there is no promenade on the C-deck.

The width of the passage on the B-deck is wider than that on the C-deck because, as you can see, there is a step on the hull.

If you have a live-action shot of this, you can identify the sunken ship.

 

それができないから、スクリュウープロペラの話をしなければならなくなる。

Because I can't do that, I have to talk about screw propellers.

 

 

 

 

これが14秒の動画。解説は次回。パソコン不調で長く書けないんだ。

This is a 14 second video. The explanation will be next time.

I can't write for a long time because my computer is out of order.

 

 


Titanic: An Interactive Journey - propeller

 

 

画像が切り替わってからのスクリュープロペラに注意してみて。

Pay attention to the screw propeller whose image changes on the way.